労働契約の期間

アウトプット

期間の定めのないものを除き、原則3年、高度専門職などは5年が上限。

労働契約

使用車と個々の労働者との間の契約の事。
労働契約の期間は、正社員等の期間の定めのない労働者を別とし、原則は3年までとなる。
例外には①高度専門職(公認会計士、医師、弁護士、税理士、社労士など)②満60歳以上の労働者
については5年までとしています。

正社員であれば、民法上、いつでも自己都合で退職することが出来ますが、契約社員では原則として
契約期間を守らなければならない。

労働者の身分的拘束を嫌う労働基準法は、労働者保護の観点から契約期間に上限を設けています。

労働者を借金などを理由に拘束するのは禁止

労働基準法16条で「使用者は労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する
契約をしてはならない」となっており、労働契約の解約で違約金支払契約を違法としている。

労働基準法17条で「使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない」と金銭の貸し借りによる身分の拘束を防止している。

労働基準法18条1項で「使用者は、労働契約に付随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理する
契約をしてはならない」と労働者の貯金を管理して拘束するのを防止している。

つまり、使用者が労働者を借金や貯蓄金などで労働者を縛る制度を最初から除外してる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました