労働基準法の誕生

アウトプット

誕生の背景には戦前にあった「工場法」と戦後にできた「新憲法」がある。
労働基準法(労基法)は昭和22年4月7日に公布されて、同じ年の9月1日施行された。

なぜ、労働基準法ができたのか?

前提には日本国憲法の存在があり、憲法27条2項に「賃金、就業時間、休息その他の労働条件に関する基準は、法律でこれを定める」と規定しており、これを受け「労働基準法(労基法)」が制定された。

労基法の父は「日本国憲法」であり、母は大正5年施行され労働者保護の役割を果たしてきた「工場法」となり「工場法」を基本とし、「日本国憲法」の規定を受けて制定されました。

「労働基準法」が定める「労働条件」とは?

「労働条件」とは労基法1条1項において「労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない」と規定されている。

「人たるに値する生活」とは、普通に衣食住や教育に困らないレベルのことで所謂、「健康で文化的な最低限度の生活」を指しています。

労基法は、日本国内で労働者を使用する全ての事業に適用される。

労基法における使用者とは社長だけでなく法人や労務管理の人事部長なども含まれる。
雇われ店長など業務において指揮命令権が与えられたものは使用者になります。

労働者には正社員以外にもパートやアルバイトも含まれる。


コメント

タイトルとURLをコピーしました