社会保険適用拡大されます

お金の勉強
社会保険の支払いが必要になる5つの条件

①従業員数
現在:500人以上→2022年10月から:101人以上(2024年10月から:51人以上)
②雇用期間
現在:1年以上→2022年10月から:2カ月以上
⓷週あたりの労働時間
現在:20時間以上→変更なし
④月収
現在:8.8万以上→変更なし
⑤学生かどうか
現在:学生ではない→変更なし

この上記、5つに当てはまる方は2022年10月より社会保険の加入が義務化されます。

社会保険料を払うメリット

①年金が増える
厚生年金に加入する為、厚生年金が上乗せされ将来的に受け取れる年金が増えます。
②障害年金額が増える
怪我や病気で障害者になってしまった場合に障害厚生年金が受給できる。
障害基礎年金+障害厚生年金
⓷遺族年金が手厚くなる
ご自身が亡くなった場合、遺族が遺族厚生年金を受給できる
遺族基礎年金+遺族厚生年金
④健康保険が手厚くなる
傷病手当金が受けれる(給与の約2/3)
出産手当金が受けれる(給与の約2/3)

年金が“2階建て”になり一生涯受け取れ、さらに医療保険の充実

社会保険料を払うデメリット

簡単に言ってしまえば手取りが減ります。
      毎月
厚生年金 8,052円
健康保険 4,316円
合計   12,368円

年間で約15万円ほど収入減ります。

まとめ

国としてはパート・アルバイトの全加入を目指してしているようです。
現状として出来る事は年収を106万未満にすることくらいでしょうか。

参考:厚生労働省社会保険適用拡大特設サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました