Apple pencilのペン先を変えてみた

ガジェット

iPadで文章やイラストをかいてる人には試してほしい。

小さい文字や線を書きたいと思ったら、Apple Pencilの純正ペン先が太くて、悩んだりとしたことはないですか?

使用しているとペン先が減ってしまい、交換なんて事もたびたびありますよね。

そんな方々におすすめ、Apple Pencil用金属製ペン先。

先端が金属になっているので、摩耗がしにくいうえに小さい文章や線が書きやすくなりました。

今回、私が購入したのはMEKOのApplePencil 交換用ペン先です。

外観

amazon:https://amzn.to/3QrAq4j

特徴はなんと言っても金属製ペン先

なんと、他社の同様の金属ペン先と比べても細い0.72mm

交換は純正のApple Pencilペン先同様、ペン先を回転させて交換するだけとなっています。

Apple Pencilの第一世代、第二世代両方で使用することもできるうえに
同社の製品や他社の製品にも使用できるようになっています。

書き心地

硬質樹脂のようなモノできている純正のペン先が「ゴリゴリ」というマーカーの様な書き心地に比べ、MEKOのペン先「カリカリ」という感じで、ボールペンや万年筆で描いているような書き心地が感じられます。
(この書き心地は好みがあるかも知れません)

普段の字を書くのにボールペンや万年筆などを使用している私にとっては
書きやすかったです。

このペン先は特にiPadでメモや勉強などの文章を書く際に良さが
伝わってきました。

ただ、どうしてもペン先が金属なのでiPadの画面を傷つけてしまう可能性も
あるので画面にフィルムを貼る事をおすすめします。

ガラスフィルムですと多少、滑ってしまうような感じもあるので
ペーパーライクフィルムを使用した方が無難かもしれません。

まとめ

ApplePencilのペン先を金属の細いタイプに変更してみて、好みはわかれるかも
知れませんが文章を書く機会の多い私にとってはとても良い商品でした。

2022年9月8日の時点ではamazonでは4個入りで1599円となっていました。
amazon:https://amzn.to/3RpaVBL

コメント

タイトルとURLをコピーしました