iDeCo(イデコ)って何?

お金の勉強

iDeCo(イデコ)の特徴

自分で入り、選ぶ、もう一つの年金「iDeCo」
  • iDeCo(イデコ)は正式名称を個人型確定拠出年金という
  • 確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金制度で加入は任意
  • 自分で申し込み、掛金拠出して、運用方法を選んで掛金を運用して掛金と運用益の合計金額を給付として受け取る。
  • 掛金・運用益そして給付を受け取る際に税の優遇措置がある

iDeCoの概要

iDeCo(イデコ)は、自分で拠出した掛金を自分で運用し資産形成する年金制度です。掛金は65歳になるまで拠出可能であり、60歳以降に老齢給付金を受けとる事ができます。
※65歳まで拠出可能には一定の条件がある。
※60歳になるまで、原則として資産を引き出すことはできない。
 iDeCoの老齢給付金を受給した場合は掛金を拠出する事はできなくなります。

基本的には20歳以上65歳未満(一定の条件あり)のすべての方が加入でき、多くの国民が豊かな生活を送るための資産形成方法のひとつとして位置づけられています。
※企業型確定拠出年金に加入している方は、企業型年金規約でiDeCoに同時加入
 旨を定めている場合のみiDeCoに加入できる。

資産形成の一つとして、該当する方は加入を検討されてもいいと思います。

                    参考:iDeCo公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました