お金って何②

お金の勉強

「お金」は大きく分けて4つの仕事を行っています。

①お金を稼ぐ

仕事をして、「仕事の対価」としてお金を貰いますが、給料は会社などから貰いますが、「誰かがモノやサービス(価値)を購入して支払ったお金」でもあります。必要とする「価値の提供」をお金を稼ぐということです。

②お金を使う

稼いだお金は、老後や病気のリスクを考えて、上手に使う必要があります。お金の使い方にもいろいろあり、生活費以外にも娯楽費や自己投資費もあります。
まずは、自分の収入からどれくらい貯蓄にまわせるのか把握しましょう。そして価値あるものにお金を使うことが大切です。

⓷お金を貯める

実現したい目的のためにお金を貯めておくこともできます。お金を貯める目的の例としては以下のようなものがあります。

  • 自動車や家、教育などの高額なモノやサービスを購入する
  • 病気やケガなど、予期できない支出に対応できるようにする
  • 老後の生活に備える

自分の将来と向き合って、必要に応じて銀行口座にお金を貯めておきましょう。

④お金を増やす

お金は、運用して増やすことも期待できます。銀行預金も資産運用の手段のひとつですが、現在はゼロ金利政策が継続し、超低金利となっているので、預金してもほとんど増えません。自分の収支とライフプランを考えて、お金を増やしたい場合は、投資をして増やすことも考える必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました